FC2ブログ
Savon Eco Diary - Natural Note
カリフォルニアから自然素材を生かした石鹸作りやスキンケアのあれこれ
プロフィール

Savon Eco

Author:Savon Eco
The diary which is presented by Savon Eco owner, Kan in San Jose, California, U.S.A!
We would love to introduce tips and ideas for lightning up your life through handmade soaps et cetera.

アメリカはカリフォルニア州サンノゼよりお届けする、肌に優しく使い心地のよい自然派手作り石鹸Savon Ecoの店主かん(漢)の日記です。
石鹸を通じて少しでも生活を朗らかに、快適に過ごすアイデアやスタイルの提案などができたらいいなと思っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I poured water instead of lye solution into the oil bowl... - 苛性ソーダ溶液の代わりに水を温めた油脂に入れてしまいました!
ここ最近の話ですが、久々に石鹸作りで失敗をしました。

完全なうっかりミス。

苛性ソーダ溶液の代わりに、お水を温めた油脂に加えてしまったんです。

販売用石鹸を数バッチを同時進行で作成するとき、苛性ソーダ溶液を作るための瓶を数本用意します。
適温になった苛性ソーダ溶液が入った瓶と、其の次のバッチのための計量済みのお水が入った瓶は同じデザイン。ただ、作業中の置き場所は違いますし、今まで一度も間違えたことはありませんでした。

なんででしょうね。

適温になった油脂に瓶の溶液を注ぎ、攪拌し始めたら…油脂が抹茶アイスのような色に。
どうみても、乳化状態。
そして、目の前には、そのボールに注ぐ予定だった苛性ソーダ溶液が入った瓶が。

「!」

緑茶の浸出油を始め、シアバターやアボカド油もたっぷり入った、贅沢な油脂配合が…。

一瞬、どうしようかと思いましたが、冷静に考え、その油脂を100%石鹸にするのに必要な苛性ソーダ溶液を作って加えることにしました。過剰水分になりますが、石鹸にはちゃんとなります。

温度を調整し、苛性ソーダ溶液を加えた途端、予想通り、そのボールの溶液の色は、いつもの緑茶石鹸を作るときの色になりました。

翌日はしっかりと固い石鹸になり、このまま行けばなんら遜色のない綺麗な緑茶石鹸に仕上がりそうです。

でも、これは自宅用、又は、リキッドソープに転換して使おうと思います。Phをちゃんと確認して。
・・・さすがに頒布はしません。(笑)

●一番大事なのは、正しい知識と冷静な判断。 参考になりましたでしょうか? 本日もクリックよろしくお願いします♪(2種類のランキングに参加中です!)●



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ecosoapdiary.blog31.fc2.com/tb.php/135-b7e9f85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。